タグ: 小児科

小児科で必要とされる能力とは?

看護師の間で人気がある診療科に、小児科が挙げられます。小児科は、0歳児から中学生以下くらいまでの子どもを対象に診療を行っている診療科のことです。子どもが大好き、子どもの看護ケアをしたいという理由で、志望する看護師は非常に多くいます。 主な仕事は、医師の診療のサポート、子どもに付き添っている家族のケアです。家族にとって小さい子どもが病気になるということは、とても不安で辛いものです。したがって、こまめに声掛けをして信頼関係を築くことが大事といえます。 その他にも、子どもを励ますためにお喋りをしたり、おもちゃで一緒に遊んだりすることも大切な仕事です。現場では、気管支喘息、尿路感染症、胃腸炎などの疾病で受診するケースが多くあります。このようなアレルギーや感染症は、回復するまでにかなりの時間がかかることから、心を込めて看護する精神力が必要といえるでしょう。 小児科で働く際は、コミュニケーション能力が必要不可欠です。そもそも小さい子どもは、自分の体調を上手く言葉で伝えることができません。さらに、家族以外の他人が周囲にいることに対して恐怖心を持つケースも少なくありません。そのため、子どもとコミュニケーションをとる際は、笑顔でやさしく話しかけることが大事です。 また、子どもは痛みを伴う処置を極端に嫌がったり、薬をなかなか飲んでくれなかったりすることもあります。そうした場合も闇雲に怒るのではなく、家族に協力してもらったり、うまく鎮静薬を使用したりするなどの柔軟な対応が求められます。